2月, 2018年

ありがとう・・・・

2018-02-26

8年間、「陽光台」で生活をされていた F様が、ご家庭の事情もあり、本日、退去され、特別養護老人ホームへ転居されました。 「陽光台」を去る時には、「涙」を流されていたようです・・・。

徳島県の「山奥」に生まれ、育った F様。 とにかく、畑仕事が大好きで、息子さんも、「母の趣味が思い浮かばない」と以前、話されていたほど、一日中、畑で農作物を育てていたほどの「働き者」だったそうです。 ご家族の事情もあり、徳島から、「陽光台」へ来られて、8年。 個人外出では、「東京タワー」や、「スカイツリー」も行かれて、「ほんま、東京は人が多い!!!」とビックリされていたことを思い出します。

いつも、「笑顔」で、我々を見守ってくださり、「芯」の強い方でした。 食べ物の好き嫌いが多く、我々も「手を変え、品を変え・・・・」(笑) 「美味しいから食べてみて!?」のスタッフの言葉には、「食べと~ない」「なんちゃ、いらん」と苦笑いをされて・・・。(笑)

何故か、渡邊のことを「校長先生」と呼んでくださり、「校長先生は、一年中、半袖で、さむ~ないのか?」と、よく質問をされるほど、 F様は「寒がり」で・・・・。

昨日は、 F様と、元担当スタッフと共に、 F様の大好きな「うどん」を食べに、外出し、「うどん」を召し上がる「意欲」!?(笑)は、凄いものでした(笑)
ホームに戻ると、「校長先生、ありがとう・・・・」と言ってくださった「笑顔」が印象的です。

入居された特別養護老人ホームも、同じ相模原市内。 「笑顔」に会いに行きますね!! 
 たくさんの「笑顔」と、たくさんの「ありがとう」の言葉を我々に、を有難うございました。

もちつき大会

2018-02-21

 先日、地域の方も自由参加で、「もちつき大会」が、開催されました。 小さな頃から、毎年、参加してくれている男の子も、ご家族で参加をしてくださり、ちびっ子達の「笑顔」にも、皆さん癒された時間を過ごせたようです。 日本のしきたりからすると、12月に「もちつき」ですが、「陽光台」は、いつも年明け実施をしています。(理由は、企業秘密です・・・??笑) 「つきたて」の「お餅」は本当に美味しく、「お腹いっぱい!!」といいつつ、ついつい、「もう一つ・・・」となるのが、「つきたて」お餅。 T様は、例年、必ず決まった帽子とマスクをつけて、餅つきをしてくれます。 その真相は誰も知る由もなく(笑)  

「愛」を語る!?

2018-02-16

 2月14日 バレンタインデー。 2Fでは、スタッフ Nが、「愛」を語ってくれました!?  入居者様 N様も「照れて」しまい・・・・・??(笑) ステキな時間が過ごせたようです。 さすが、「愛の伝道師」・スタッフ N(笑)
 女性入居者様も、「甘いもの」を食べながら、「一番、幸せね、甘いものを食べている時が・・・」と!?

節分

2018-02-07

 「節分」におこなう「豆まき」は、平安時代に中国から伝わった悪鬼を追い払う儀式に由来しているようです。 「鬼は外! 福は内」が定番ですが、鬼子母神等の鬼を祭神とする寺社では、「福は内、鬼は内」と、「鬼」も家の中に呼びこむ発声をするようです。 成田山新勝寺では、「福は内!」としか言わないようで・・・・と、ニュースで言っていました(笑)

 「陽光台」でも先日、豆まきが行なわれ、「豆」ならぬ、「ボール」を投げつけ!?、真剣に全力投球される方も?(笑) 「邪気」が追い払われ、皆さんに、いいことがたくさんある1年でありますように・・・・。

 鬼を怖がることなく、まるでお見合い写真のような表情で写る I様。 思わず、笑ってしまいました。 

Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.