11月, 2017年

二胡演奏

2017-11-25

 定期訪問してくださる「二胡演奏」の K様。 24日に訪問をしてくださり、ステキな音楽と、皆さんで歌える楽しい時間を提供してくださいました。 皆さん、本当に「唄」が大好きです。 それぞれの「思い出」や「唄」は違えど、人には、「その唄」を聞くと、「その時」を思い出す唄が、いくつかはあるはずです。 「ふるさと」を聞くと、みなさん、ご自身の「田舎」や「ご両親」を思い出されたり・・・・。 渡邊も、そんな曲がいくつもあります。 サザンの「メロディ」を聞くと、高校の修学旅行を思い出したり、コブクロの「ここにしか咲かない花」を聞くと、亡くなった母親を思い出したり・・・・。 それぞれの心の中に、音楽は生き続けていますね。 

二胡演奏・次回は、年明け 1月12日 AMを予定しています。 もしよろしければ、ご一緒に・・・・。

米寿

2017-11-25

 23日 2F N様が、88歳の誕生日を迎えられました。 低音ボイスで、ジェントルマンの N様。 物静かな印象ですが、「笑顔」ステキな方です。 出身地・「鹿児島県」にちなんだクイズを展開し、楽しい時間を過ごせました。 
 その日の朝、お部屋に訪問し、「お誕生日おめでとうございます!」とお伝えすると、「どうも、どうも」と照れくさそうに、返事をされる姿が、また、N様らしい表情でした。 お元気に、長生きをされることをお祈りしています。 まずは、90歳が次なる目標ですね!? 「米寿」の次は、「卒寿」のお祝いを!

避難訓練

2017-11-25

 23日・避難訓練を実施いたしました。 今回は、具体的に「動く」というより、「頭で考える」という、クイズ形式で実施し、入居者様にも参加をしていただきました。 地震を想定し、それぞれの食事の席に常設している「背もたれ」用クッションが、いざ!という時に、頭を守る「頭巾」になることをあるためて確認しました。 「なるほどね・・・」とクイズの回答を確認しながら、楽しい時間になりました。 

縁の下の力持ち 53

2017-11-22

 10月末のハロウィンを終えたあたりから、街中は、「クリスマス装飾」で飾り付けられるようになってきました。 渡邊が行っているスーパーでは、早くも店内BGMは、「クリスマス・ソング」。 ~2ヶ月間もこの状態かぁ~(笑)

 「陽光台」にも、早いクリスマスが届きました。 折り紙ボランティア D様より、折り紙作品が届き、一気に「クリスマス」色になりました。 1年で一番華やかな季節。
新聞に折り込まれてくる クリスマス プレゼントの広告をワクワクしながら、見ていたことが懐かしいです。

さすがです!

2017-11-22

 このところ、入居者の方々に 調理を手伝っていただく機会が増えてきました。 スタッフも、「お誘い」が上手になってきています(笑) H様やS様は、当然の事ながら、長年、ご家族のために、 T様も仕事で調理をされてきていましたので、皆さんの「手さばき」は、さすがです!! こうした機会を 1回でも多く増やしながら、笑顔を見られる瞬間瞬間を増やしていきたいと思っています。  

いのちの灯り

2017-11-14

11月 9日・元入居者 A様が入院中の病院でご逝去をされた・・・という連絡が入りました。  9月17日に入院され、「今夜がヤマ」とまで言われてから、1ヶ月半。
A様の「生命力」を感じました。 「陽光台」では、多くの「伝説」を残された A様。 本当に多くの想い出があり、多くの「課題」をいただき、渡邊も自らを高めていくには、いい出会いであったと、感じています。 残念ながら、葬儀にはいけませんでしたが、我々にたくさんの「宿題」をくれた A様のご冥福を心より、お祈り申し上げます。
「いのちの灯り」がまた一つ・・・・。 実母の死をまだまだ受け止めきれていない渡邊には、何とも複雑な心境です。 合掌。

いきいきサロン

2017-11-09

「陽光台公民館」で開催された、民生委員主催の「いきいきサロン」へ参加をしてきました。 今回は、3地区合同の企画で、盛大な会になったようです。 妖艶に?踊る「フラダンス」を堪能し、その後は、昼食会で、「お弁当」を囲み、楽しい時間を過ごされました。 「フラダンスと、お弁当、どっちが良かったですじゃ?」の問いに、「そりぁ~・・・・・XXよ」と答えられた Y様。 笑いを誘っていました。

個人外出

2017-11-09

2F  H様は、担当スタッフと共に、洋服を買いに外出。 店内では、たくさん並ぶ洋服を嬉しそうに眺めていたようで、楽しそうにされていたようです。 その後、淵野辺公園に行き、色づく木々に「わぁ~」と感動され、 「やっぱり、外はいいね・・・・」。 欲しかった洋服は買えましたか??

身体には、気をつけてね・・・

2017-11-04

 先日、珍しく? 渡邊が事務所で夜遅くまで残業をしていると、事務所の室内用窓ガラスが開き、「まだ、いるの? お忙しいの?」と、2F Y様。  「仕事が遅くて、こんな時間になりました・・・」(涙)とお伝えすると、「貴方様も、たまには忙しいのね!?」と、ブラックユーモアを交えて(笑)。 

「冗談はさておき、先に休ませてもらうけど、身体には気をつけてね・・・」と、優しい言葉を残して、自室へ戻られました。 心がジーンとあたたまる瞬間でした。

9歳

2017-11-02

2017年11月 1日。 「陽光台」も、開設より、9年が経ちました。 
早いものです。 昨日は、昼食に 「御寿司」を注文し、入居者の方々からは、「今日は、何かあるの??」「お祝い??」「何の日?」と、突然の「御寿司」登場!!? に、ビックリされていました。(笑)

真摯な気持ちを忘れることなく、「笑い」溢れる「陽光台」でありたいと・・・・・・。  

今まで支えてきてくださった方々に、BIC感謝!!!!!  1年1年の積み重ね。 8歳の「ケア」から、9歳の「ケア」に成長をしていかないと・・・・。

« Older Entries
Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.