10月, 2017年

結局は・・・・

2017-10-23

 「コンコン・・・・」。 渡邊が事務仕事をしていると、事務所のドアをノックする音が聞こえました。  「先生、聞いてください・・・・」と、入居者様が、穏やかではない表情で・・・・・・。
そこから、ご家族のお話になり、世間でいうところの「愚痴」が始まりました。 15分程話し続けると、「愚痴」からはじまった話も、最後には「ご家族の自慢話」で終わり、スッキリしたようで、事務所を後にされました。 

落ち着いて考えると、「何をしに来られたのだろう・・・・」(笑)という感じでしたが、しっかりとご家族の「自慢話」で、最後はしっかりと「笑顔」で・・・・。 
「ご家族」の話し(息子、娘、孫等・・・・・)をされる時は、皆さん、本当によい表情をされます。 

「ご家族」を「想う」気持ちが、十分に伝わりましたよ。 「愚痴だった」話も、結局は、「自慢話」に・・・・(笑)

秋といえば・・・・

2017-10-15

 1F I様と、スタッフ Sとの共同作品・タイトルは「秋」だそうです!!  
「秋といえば・・・・」と二人で想像し、いろいろな作品を折ったり、切ったり・・・・。 
二人で「想像」し、二人が「創造」した!! あっ、巧い!!(笑)  山田君、座布団、1枚!!!
ステキな作品が完成しました。

あれから4年・・・・

2017-10-14

2013年10月13日  入居されていた S様が旅立たれた日。 あれから、4年が経過したのだと・・・・・。 

入院中の S様の面会に行くと、痛みがあるにも関わらず、「あら!?」と満面の「笑顔」で迎えてくれた S様。 いろいろな話をしていても、結論はいつも同じ。

「要はね、考え方次第なのよ、気の持ちよう、全部、そうなのよ・・・・」と笑って話されていたことを思い出します。 悩み多き、現代社会。 一応、渡邊も「悩み」がありますが(笑)、 S様のことを思い出すことにしています。 S様のこの考え方、モノのとらえ方が凄く好きで、いつも、何かを S様に相談していたように感じます。 

S様の命日を向かえ、気持ちをリスタートしなくては・・・・と感じました。 あれから、4年かぁ・・・・・・。

8回目の誕生日

2017-10-12

 10月 8日は、1F O様の誕生日でした。 「陽光台」で迎える 8回目の誕生日。 ケーキにともされたロウソクをジーっと見つめていた写真が印象的でしたが、ロウソクの本数が合っているのか、確認していたのか??(笑) いえいえ、O様の年齢分は、ロウソクがささりません(笑)
 誕生日会では、「中身当てクイズ」をやり、皆さん、おそるおそる袋に手を入れて、中身を確認されていました。 笑い笑いの楽しい時間が過ごせたようで、 O様の誕生日を皆さんで祝福できました!!

がっくり・・・・(涙)

2017-10-07

 先日、渡邊が初めて見るような幻想的な?青空が広がっていました。 人はそんなことに出会うと、「誰かに話したい!」「誰かと共有したい!」と思うもの!?

2階へ行き、「すごい、空なんです、どなたか、私と一緒に見ませんか?」と声をかけると、「どれどれ、貴方様がそこまでおっしゃるなら・・・」と興味津々で、 Y様が玄関外へ・・・。 階段上から眺めるその青空に、「わ~ 凄いわね・・・」と感動してくださると思いきや・・・・「こんなのいつもよ・・・」と、強烈な右ストレート(笑) 「なんだ、もっと凄いかと思ったのに」と、左フック(笑)  渡邊には、「感動の一面のひつじ雲」に感じた光景も、人生経験豊富な Y様が見ると、「普通の空」でした(涙)

この「ひつじ雲」が、青空一面に広がっていましたが・・・・・・・(涙)

Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.