12月, 2016年

2016年を振り返る

2016-12-29

2016年も、あと数日。 テレビから流れる「今年の紅白(歌合戦)のみどころは・・・・」なんてフレーズを聞くと、いよいよ年の瀬かぁ・・・と感じます。

年度当初・渡邊がスタッフへ提示した、2016年度の目標 「 やり遂げてこそが、専門職 」というテーマ。

行動目標 * そこまでしてくれるの?という 「期待以上の裏切り」

* 適当に考えたら、適当な結果しか出ない = 素人

自分の「想い」を突き詰めていく = 専門職

* 寄り添い、共に楽しむ。 幸せを感じる「想い出作り」

どれだけのスタッフが この言葉を胸に日々のケアに精進できたか・・・・やり遂げることが出来たか?? それぞれのスタッフが自己問答してほしいと感じます。

2016年は、スタッフの退職が重なり、ご入居者の皆様には、ご迷惑をおかけしたことが多かった1年だったように感じます。 そのような厳しい人的環境の中で、

歯を食いしばり、笑顔を忘れずに、懸命に取り組んできた 今いるスタッフに、大きな「感謝」と共に、大きな拍手を贈りたい気持ちでいっぱいです。

先が見えない不安も多くあるのが人生とも言われますが、遠くをみず、「今」「明日」だけをみて、「今」「明日」を大切にしていけば、先につながる。

今まで同様、あまり先を考えず、目の前のこと、人に、真摯に向き合っていきたいと思います。

努力することを自然に楽しむ・・・そんな日々にしていきたいと思います。

争いごとやテロ、奇妙な殺傷事件など、「いのち」を軽視することばかりが多く、うんざりする日々のニュース。

目の前にいる人の「幸せ」を祈りながら、その人と、心の底から、笑える日々でありたい・・・・。

そんな2017年でありますように。

 

「陽光台」を支えてくださった皆様に、この場を借りて、厚く御礼申し上げます。 本当に有難うございました。

2016年 年の瀬に。   ホーム長    渡邊 広樹

 

 

 

 

 

世界にひとつだけの・・・・

2016-12-27

世間は、SMAP一色の中・・・・・(笑)、本日は、2F T様のお誕生日でした。 皆さんに「おめでとう!」と、一言ずつ 声をかけられ、「ありがとう!」と手を挙げて、嬉しそうにされていました。  「陽光台」での生活も、8年を迎えられました。 いつまでも、「笑顔」忘れず、お元気で!

「世界にひとつだけの・・・・」 ・・・・・「特別な日・誕生日」。

 

縁の下の力持ち 45

2016-12-26

「縁の下の力持ち」シリーズも、45作品。  「ホーム長、新しい作品が来たよ!」と、 I様が教えてくださり、 スタッフと「いつからでしたっけ、こうして、D様から、折り紙作品をいただくようになったのは・・・・」という話題となり、改めて、ブログを読み返し、確認すると、第1作品の紹介を、2013年 1月に掲載していました。 ・・・ということは、まもなく4年になるわけです。 4年で、45作品・・・・・。 単純計算でも、ほぼ、1ヶ月に 1作品のペースになります。 「陽光台」のために、ご自身の時間を費やし、我々からの折り紙提供を拒み続け、私財での作品作り・・・・。 「感謝」という言葉が軽く感じてしまう感じですが・・・・。  折り紙ボランティア D様の「楽しみ」につながっていることを願って・・・・。 どうか、ご自愛ください。 本当に有難うございます。

 

クリスマス会

2016-12-26

「陽光台」では、一日早い 23日に「クリスマス会」を行ないました。 午前中は、ご入居者のご家族とお仲間の方々のご協力で、サックス演奏会が行なわれ、生の「サックス」の響きを体感していただき、大好評でした。 お母様(ご入居者)に、息子さんの演奏について伺うと、「上手だったよ!!!」」と嬉しそうな笑顔で話をしてくださいました。

午後は、各ユニットへ分かれ、1Fではスタッフ Kによる「手品」や、スタッフ Tの太鼓演奏等が行なわれ、クリスマスに「花」を添えてくれました。 一方、2Fでは、「クリスマス」といえば、「恋」!?ということで、「恋愛トーク」に、これまた「花」が咲いたようで・・・・(笑) 聖なる夜に・・・・・。 ロマンチックですね(笑) 個人的には、嫌な思い出ばかりですが??(笑)

サンタクロースからの「プレゼント」にも、この「笑顔」で喜んでくださいました。

 

 

担当外出

2016-12-22

担当外出にて、橋本アリオに出掛けた Y様とN様。 「腹が減っては、戦が出来ぬ」??と、「買い物」に出掛けたはずのお二人でしたが、しっかりと食事を召し上がり(笑)  Y様は、衣類を探していましたが、あまりの高値に、「高いわね・・・・」と、買い控えをしてしまったようです。 100円均一で、袋を購入され、安上がり?の買い物完了!(笑)  N様は、目覚まし時計などを購入され、笑顔を見せてくださいました。

 

 

それぞれの「想い」

2016-12-21

 

12月17日にご逝去された H様の葬儀。 わずかな時間での「お別れ」となってしまいましたが、スタッフ 数名と共に、「お別れ」をすることが出来ました。

ご入居者様との「別れ」が淋しいのはあたり前ですが、 H様の長男様、長男様のお嫁様、長女様・・・等、 H様の「ご家族」とも、区切りがついてしまうことが、また淋しく感じます。

2010年 9月に H様のご主人 S様がご入居され、ご家族ともそれからの「お付き合い」になりました。 その後、H様が入居され、長男様のお嫁様のお母様も入居され、「深い」「深い」縁となりました。 6年以上の「お付き合い」となり、渡邊の心の中では、勝手に H様の「ご家族」が、「陽光台」の「家族の一員」とも感じていたのかもしれません。  H様の「笑顔」をはじめ、ご家族の「笑顔」にも、我々スタッフは、救われ、癒されていたように感じます。 ご家族の皆様にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

葬儀に参列してくれたスタッフ・元スタッフの胸にも、いろいろな「想い」が感じられたと思います。

「Hさん、天国で、Sさん(ご主人)に、会えたかな???」   今、H様の「笑顔」が浮かびます。 合掌。

 

 

 

感謝のお祝い

2016-12-20

12月18日は、1F I様のお誕生日でした。 担当スタッフより、ストール!?をプレゼントされ、嬉しそうに、身に着けており、渡邊にもうれしそうに説明をしてくださいました。  とにかく、働き者の I様。 渡邊は、正直、1Fの食事の際に、何合のお米を炊いているか知りません。 その日の人数や、出勤スタッフ、性別から判断し、ご飯を炊く量を変えています。 「今日は、~君が早番だから、ご飯を多めに炊かなくちゃ・・」等。 スタッフの好みもよく知っており、「ホーム長は、~が苦手だから・・」と、他のスタッフに説明をしたり・・・。(渡邊の苦手は、お金と女性です・・・・笑) 当日、出勤しなかったスタッフも含め、本当に「感謝」「感謝」のお祝いです。 いつも、本当に有難うございます。

娘の愛・母親の愛

2016-12-17

娘さんのご自宅で取れた「柚子」を、お母様がしっかりと「調理」をしてくださり、今朝の「陽光台」の食卓に、「甘露煮」として、並びました。

「娘の愛」「母親の愛」で完成した「美味」です(笑)  星 3つ!! いただきました。

 

旅立ち

2016-12-17

1F  H様 今朝、4時23分 数年前にご逝去された 大好きなご主人のもとへ 旅立たれました。 87歳でした。

「陽光台」での5年半の生活が、 H様にとって、「幸せ」を感じることが多かった生活だったかは、H様のみ知りえるところですが、我々は本当に多くのことを学ばせていただきました。 共に「笑い」、共に「泣き」、時に共に「怒り」ながら・・・・。

「陽光台」では、ご主人が先にご入居をされ、生活をされていましたが、 H様も「陽光台」に入居された後は、大好きなご主人の手に跡が出来るぐらいに、握りしめ、深い愛情を感じました(笑)。

小柄な H様でしたが、ある日の「昼ごはん」。 カレーがなかなか進まなかったご主人に、つたい歩きをしながら、たどり着き、「お父ちゃんが食べないなら、私が食べるからね!!」と、ご主人のカレーを召し上がり、結局、その日の「カレー」を二人分、しっかりと召し上がり、ご満悦!?だった H様がとても印象に残っています。

大雪がふった日。 H様と共に、雪に戯れた時の「表情」がとても印象的で、渡邊の胸の中に深く刻まれています。

数日前に、ご家族の「あたたかいお気持ち」の中、ご自宅に一時帰宅され、「奇跡の瞬間」もあり、「生命の不思議」を感じることも出来ました。 その折には、ご近所の方々も駆けつけ、みんなで唄を歌い、 H様の口もかすかに動いたとか・・・・。 大好きなご主人の元へ旅立たれ・・・・。 笑顔で再会を喜んでいることを願いながら、心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

特別な日・誕生日

2016-12-16

昨日は、 2F K様の誕生日。 ご自分の年齢に、「もうそんな歳かぁ・・・」と、驚いた表情でしたが・・・・。  K様にとっては、明るいニュースが少なかった最近。

心も淋しい日々でしたが、本日は一転。 やはり、誕生日は、誰にとっても「特別な日」ですね。 皆さんに祝福され、ニコニコの K様でした。 渡邊も隣の席に座らせていただき、一緒にケーキをご馳走になりましたが、こちらまで、幸せな気分にさせていただきました。  お誕生日 オメデトウございます!!!!

 

« Older Entries
Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.