11月, 2016年

勤労感謝(外食) ②

2016-11-30

「勤労感謝」の意味を込めて、外食 第2弾。 先日は、2Fの方々が外食へ出掛けていきましたが、昨日は1Fの第1弾が外食へ。(第2は、12月中旬を予定しています。)  せっかく、外に出たのだから・・・・季節を感じていただきたく、「公孫樹」並木へ・・・・。 綺麗に色づいた「公孫樹」と、クンクン・・・・、このニオイは・・・・。 しっかりと銀杏を拾ってこられ、早速、今朝のキッチン内には、「銀杏のニオイ」が立ちこめて・・・・・。 やはり、独特のニオイですね。 まさに「ニオイ」ではなく、「臭い」ですね(笑)

 

情報公表

2016-11-28

GH運営において義務付けられている「情報公表」。 外部調査機関の方が来られ、本日、実施をされました。 改めて、初心に立ち戻る「きっかけ」をいただいたように感じています。 「現状」と、「あるべき姿」の「差」を埋めるべく、日々、冷静な「目」で、見つめなおしていかねば・・・と感じております。

ボランティア演奏(二胡)

2016-11-25

9月に引き続き、本日も個人ボランティア・二胡の演奏が来てくださいました。

早々に・・・

2016-11-25

数日前に 「陽光台」に入居された N様。 11月23日に「お誕生日」を迎えられ、早々に「誕生日会」が開催され、ご本人もビックリされていました。 「お互いを知ろう!」ということで、「質問形式」で、話が弾み、お互いに、「へぇ~」と感心されたり・・・・。 男性入居者が 2Fは、お二人ですが、たまたま、下の「名前」が一緒。 お互いに、「そうなのか・・・」と、親近感が沸いたようです。

勤労感謝の日(外食)

2016-11-25

2Fでは、23日(祝日)に 「勤労感謝」の気持ちを込めて、外食へ出掛けました。 久しぶりの? 外食となり、スタッフもワクワク(笑)  美味しい食材を目の前にし、

皆さんの「笑顔」が溢れていました。

 

本音!?(笑)

2016-11-23

勤労感謝の日。 「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝をしあう」ことを趣旨として、1948年に制定された国民の祝日のようです。 「・・・たがいに感謝しあう」という表現があり、「なるほどなぁ・・・」と感じました。 それを理解してか、わかりませんが(笑)・・・・・。 本日、夜勤にて渡邊が出勤をすると、渡邊のロッカーに貼られていました。 「本音!?」と感じましたが(笑)、内容はともかくも、その気持ちに感謝!!! 本日の勤労感謝の日の行事担当者からの「あたたかいメッセージ」でした。

懐かしさよりも・・・・・

2016-11-23

先日、19日に 近隣「陽光台」公民館にて、「津軽三味線」の演奏会が行なわれ、東北出身の方々で、聴きにいってきました。 参加費用が、無料・・・ということで、公民館は、溢れんばかりの人・人・人だったとか・・・・・。 生演奏を間近で聴く機会がなかなかないので、こうした機会は大切にしていきたいと感じています。 戻られた S様に、スタッフが「どうでしたか? 良かったですか?」の問いかけに、「うるさかった!」とおっしゃったとか(笑) 間近で聴くと・・・・たしかに(笑)

 

御礼(バザー)

2016-11-18

10月22日に開催されました「チャリティーバザー」の売上と募金を本日、「熊本県」へ全額寄付をさせていただきました。

総額 ¥32,137-。

 

ちなみに、前回の東日本大震災みやぎこども育英募金は、¥34,860-。 今回よりも金額は多いのですが、実は大口の寄付金があり、この金額でした。 今回の金額は、すべてがバザーの「売上」と「募金箱」に寄せられた募金でした。 改めて、この場をお借りし、厚く御礼申し上げます。

皆さんの「想い」を、熊本の被災者へ届きますように!!

 

母の「かお」

2016-11-12

就寝支援中のこと。 居室に飾ってある「家族」写真を見ながら、「~さんの息子さん夫婦、本当に仲良さそうですよね? 面会に来られる時にも、いつもお二人で仲良さそうで・・・」と、F様にお伝えすると、「ほんま、仲がええんじゃ。 家でも気がつくと、いつも一緒におるんじゃ。 二人でニコニコしながら・・・・。 学生時代からの知り合いでな、その時から仲よかった見たいじゃ・・・・・」と、語る F様の表情は、本当に「母」の「かお」で、息子さんに対して、「無条件の愛」を感じました。

ホッと、こちらの心が温かくなりました。 噂が聞こえたのか、本日、ご夫婦そろって、面会にこられ、昨夜の話をした渡邊とF様は、目を合わせ・・・・(笑)

 

笑顔の行方

2016-11-11

そんなタイトルの唄ってありましたよね?! 今回、掲載をさせていただいたお二人の写真を見て、フッと出てきた「言葉」でした。

2ヶ月に一度、演奏に来てくださるボランティアのお二人。 前回は、お独りでの「演奏」でしたが、今回は今まで同様に 御二人で、元気な姿を見せてくださり、ホッといたしました。 渡邊は不在でしたが、この笑顔の写真を見て、御二人からいただいているのは、ステキな演奏だけではなく、こうした「笑顔」から、沢山の「幸」をいただいていると実感をしました。

本年度は最後の演奏でしたが、また年明け、元気なお姿でお会いできたらと思います。 少し早いですが、「よい御年を!」・・・・・。

« Older Entries
Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.