「陽光台」10年を支えたスタッフ ③

2018-11-16

「陽光台」10周年を支えたスタッフ・シリーズ 第三弾。 2009年11月 1日入社  スタッフ M。 ちょうど1周年を迎えた時の入社になりますので、9年間、ご活躍をいただいている計算になります。 (BGMは、「プロフェッショナル~仕事の流儀~」で・・・笑)

(聞き手) ご自身としては、9周年ですが(笑)、「陽光台」10周年を迎えての感想を聞かせていただけますか?

介護の仕事をまったく知らず、「ヘルパー2級養成研修」に参加・受講し、講師をしていた渡邊さんに、口巧みにだまされて・・・じゃなかった(笑)、誘われて、「陽光台」に勤めて、9年。 本当に あっという間でしたね・・・・。 
ご入居者様、ご家族様や関係者の方々や、仲間のスタッフに助けられて、何とかここまでやってこられたと思っています。  特に、グループホームということで、「調理」については、ご入居者様に 1から教えていただきました。

(聞き手) 思い出に強く残っている出来事を 5つ挙げていただけますか?(順不同)

① ご入居者 S様のお孫さんの「青空結婚式」は、やはり強く印象に残っていますね・・・。 
「どじょうすくい」も披露させていただきましたが・・・。

② 江ノ島に外出し、「しらす丼」を食べて、みなさんに喜んでもらえたこと。 本当にいい笑顔でしたね。

③ 横浜の「ズーラシア」に行き、「動物」を見て、感動していた表情・まなざしも印象に残っています。

④ 中津川の小さな温泉宿にて 「足浴」をして、癒された表情をされていたことも覚えていますね・・・・。 

⑤ ホームの行事に業力していただいたボランティアによる「演芸」で、クリスマスをより楽しんでもらえたことも、
嬉しかった一つですね

(聞き手) 5年先、15周年に向けて、「思うこと」をお聞かせください。

これからも、ご入居者様、ご家族様に たくさん「笑顔」になっていただけるように、より一層、努力をしていきたいと思います。 頑張ります!

Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.