「陽光台」の10年を支えたスタッフ ①

2018-11-10

「陽光台」が10周年を迎え、10年近く、勤務されてきた 4人のスタッフに、「焦点」をあてて、インタビューをしてみました。
まずは、第1弾。 レディーファーストで・・・。

2009年 4月に入社された スタッフ Tさんに、この10年を振り返っていただきました。(BGMは、「プロジェクト X」の曲で・・・・笑)

(聞き手) 10周年を迎えての感想を聞かせていただけますか?

~ もう10年!?? と思うほど、歳月の過ぎる早さを感じています。

(聞き手) この10年の中で、想い出に残る出来事を 5つほど聞かせていただけますか?(順不同)

① 入居者様 O様が離設をしてしまったこと、それも自室の窓を乗り越えて・・・・・。 スタッフとして、無事に発見され、ホッとしたと共に、大きな反省です。

② 入居者様 S様のお孫さんの「青空結婚式」を、ホームの駐車場で行ない、参列できたこと。

③ 1Fユニット外出で、立川にある「昭和記念公園」に「コスモス」を見にいったこと。
   とても綺麗で、入居者様の「笑顔」も印象的でした。

④ ご夫婦で入居されていた T様ご夫妻が他界されたこと。 

⑤ 「納涼祭」名物の「納涼祭」。 いつも、いつも ワクワクします。 (開催できなかった 2年間は淋しかった・・・)

(聞き手) 15周年に向けて、「思うこと」は、いかがでしょうか?

~ 私自身がそこまで働けるかどうか・・・・・・?? とにかく、今までのように、スタッフが仲良く、みんなで力を合わせて、
 いけることが1番だと思いますし、その結果が、15周年を素敵に迎えられるといいですね・・・・。

Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.