あいにくの天気でした(涙)

2016-10-30

あれから、一週間。 早いものです。 先週の土曜日、10月22日。 「陽光台」としては、2回目の「チャリティーバザー」を開催いたしました。

前回は、バザー売上ならびに募金については、全額、「東日本大震災みやぎこども育英募金」へ、寄付をさせていただき、今回は、「熊本地震災害」へ寄付をさせていただく主旨で開催をいたしました。

バザー開始の音頭は、「相模龍王太鼓」の「壮大な」演奏からスタートしました! 5歳から小学6年生までの「子ども達」が、必死な表情で、まさに「魂」を込めたステキな演奏でした。 失敗したのか? さすが、こどもは素直で、演奏中に「笑い」を我慢できなかった子がいましたが、はい! MC 渡邊は見逃しませんでした(笑) 小学生をつかまえて、いじらせていただきました・・・(ごめんね! 笑)

グループ内の施設スタッフや、市内のGHスタッフの仲間たち含め、多くの方々に、ご理解ご協力をいただき、多くの品物をご寄付いただき、商品として販売をさせていただきました。 スタッフ Mも、「先日、引越ししたので、売れそうな商品をもってきました!!」と、大きなダンボールを何個も提供してくれましたが、逆に、今までこれだけの商品を、どこに仕舞っていたの?という違った「想い」も(笑) スタート時間を待てずに、フライング寸前の?? ご近所さんも・・・・・。

時計の針が17時を過ぎ、あたりが暗くなり始めたころから、プロのダンサー MIEさんと、その生徒さんたちが、タヒチアンダンスや、フラダンスを披露してくださいました。 MIEさんの「踊り」は、さすがの「貫禄」です。 妖艶なダンスと、熱い「視線」に、周囲の男性は・・・・(笑)。

だんだんと、雲行きが怪しくなり、時折、霧雨が降る中、「見ている我々が寒く」なるような、衣装で、ステキな踊りを披露してくださいました。

 

17時45分ころからは、茅ヶ崎市・移動映画館 WAWAシネマさんのご協力による「野外DVD上映会」が行なわれました。 あいにくの天気(寒さと霧雨)で、「地域の子ども達のために・・・・」という主旨でしたが、観客は・・・・・。 寒空の中ではありましたが、スタッフと、「つかの間の時間」で、眺める「野外DVD上映」に、ほっこりと暖かいものを感じた渡邊でした。 すごく、ステキな時間が流れていきました。

 

あいにくの「天気」と「寒さ」で、「陽光台名物・花火」は、延期とさせていただきました。 残念でした(涙)

 

ある日の夜、突然、「陽光台」の「空」に、無数の花火が打ちあがるかも!?(笑)  お楽しみに!!  はい、突然は、近所迷惑です(笑)

 

今回の反省を活かしながら、自治会長さんが教えてくれた「言葉」を忘れずに、来年の「納涼祭」は、更にパワーアップして・・・・・・。

 

「今年の納涼祭が中止になって、地域の方々も非常に楽しみにされていた方もいて、残念がっていたよ・・・・」と。

 

 

Copyright© 2013 相模原市のグループホーム アルプスの杜「陽光台」 All Rights Reserved.